顔 産毛

MENU

自分で手軽にお金を掛けずに顔の産毛処理!

美肌のイメージ

女性の方ならほとんどの方が顔の産毛処理をなされている事かと思います。

 

いくらスキンケアをしっかりしていても、産毛のせいで顔が黒ずんで見えてしまったりしますからね。

 

しかし産毛の処理をそれでもしていない人の中には、顔の産毛の処理は自分でやるのが難しそうだとか、毛が濃くなってしまうのではという不安があるせいだと思います。

 

かと言って、サロンなどでやってもらうのにはお金がかかるから無理という方も少なくないでしょう。

 

なので今回は誰でも簡単安心に自宅でできる産毛処理方法を紹介します。

 

準備するアイテム

用意するものはT字のかみそりと顔につけるクリーム(シェービング用クリーム)だけです。
方法も簡単です。そのクリームを顔に薄く伸ばしてかみそりで産毛を剃るだけです。

 

T字できちんと刃に保護のついているものを使いクリームの上からでしたら、まず間違えて顔を傷つけてしまうような事はありません。

 

かみそりだとジョリジョリになってしまわないの?と思う方もいるかもしれませんが、むしろ古い角質も一緒に取る事ができるのでつるつるになりますよ。

 

ポイント

肌を痛めないポイントとしては、毛の生えている方向に沿って剃る事です。逆剃りをしないという事ですね。

 

そして産毛を剃り終えたらまたしっかりと保湿する事も重要です。

 

これらの手順をきちんと踏めば、肌へのダメージはかなり避ける事ができます。

 

★注意点★
産毛処理の頻度に関してですが、少なくとも3日以上は間隔をあけるようにしましょう。
あまり頻繁にすると角質を取りすぎてしまって、やはり肌への負担が出て来てしまいます。

 

また、使用するかみそりは頻繁に新品に取り替えてください。
切れ味の悪い刃を使っていると、力を入れなければならなくなります。
それだけ肌に傷が付きやすくなり、肌の透明感にも影響してくるので基本は新品を使いましょう。

 

また剃りすぎると毛が濃くなってしまわないかについてですが、こちらも私は今まで特に気になった事はありません。
簡単ですので是非試してみてください。

 

処理方法はまだ他にも

私は上記のようにT字のカミソリを使って処理していますが、他にも脱毛器や毛抜きを使って自己処理している人もいらっしゃいます。

 

ただ、自己処理についてはメリット・デメリットが混在しています。自己流は楽ですが、注意しなければならないポイントもあることは覚えておいた方がいいでしょう。

 

特に簡単な処理方法であるほど、デメリットも大きいといえます。カミソリでの処理は楽ですが、傷をつけてしまったり黒ずみの原因になるとも言われていますよね。

 

それを少しでも防ぐ為に、シェービングクリームを使ったり、処理後のアフターケアに気を配ったりと、かならず処理だけではなくプラスアルファの対策をしてください。

 

また、サロンなどで脱毛するという女性も増えてきており、口周りやアゴ周りの脱毛は人気のようです。特にサロンでのフラッシュ脱毛は、美肌効果も期待できるので、顔の産毛がきれいになるのに加えて毛穴が引き締まったツルツル肌になれるのであれば、多少の費用は安いものですよね。

 

しかし、どこの脱毛サロンでも顔のメニューがあるわけではありません。サロン選びについて詳しくまとめてあるサイトもあるので、参考にしてみてはいかがでしょうか。→顔の脱毛

産毛処理だけじゃない!肌ケアのために必要な事

きめ細やかで美しい肌。
女性はいくつになっても、そんな憧れの美しい肌のままでいたいものですよね。

 

では、このきめ細やかで美しい肌というのはどうやって作っていけばよいのでしょうか。

 

ヒントは赤ちゃん?

綺麗な肌の赤ちゃん

「スベスベ肌」の代表であるのが、赤ちゃんです。

 

赤ちゃんの肌というのは、いつまでも触っていたいくらいスベスベで気持ち良い感触ですよね。

 

しかし、大人になるにつれてそのスベスベ肌が少しずつ失われていってしまい、シワやシミ、たるみといった肌の老化現象が見られるようになります。

 

では、赤ちゃんの肌というのはなぜあんなにもスベスベで美しいのでしょうか?

 

赤ちゃんの肌は、たっぷりの水分が含まれています。
赤ちゃんだけでなく、私たち人の体というのはほとんどが水でできているのです。
その水分が、紫外線など肌への刺激で奪われてしまうため、かさついた肌になったり、シミなどの老化現象が起きてしまうのです。

 

ですから、肌が水分をたっぷり含んでいる状態というのが、とてもきめ細やかで触り心地の良い肌というわけです。

 

たっぷりの保湿で肌に栄養補給を

このように、水分のない状態の肌はかさついて、シミやシワができやすい状態に。
逆に言えば、水分をたっぷり含んでいる状態の肌というのは、シミやシワもできにくい状態だと言っても過言ではありません。

 

ですから、肌に水分を与えること=保湿は何よりも重要な肌ケアだと言えるのです。

 

洗顔やメイクを落としたあとは、肌が無防備な状態になっています。
このときに、しっかり保湿をして肌の栄養を補給してあげることで肌の土台も強くなりますし、みずみずしさを取り戻します。

 

しかし、やはり水分ですからどうしても蒸発したり、すぐに水分が吸収されて表面は乾いてしまいます。
こまめな保湿と、保湿後の蓋としてクリームや乳液を利用し、より効果的な保湿を行いましょう。

 

とても基本的なことですが、メイクは残さずその日のうちに落とす、1日2回洗顔する、そして保湿。
これだけで、美しい肌はじゅうぶんに保つことができます。

 

質の高い肌作りをするならば、やはりしっかりと肌の保湿を行いましょう。